ウイルス対策おしぼり 「VB(ブイビー)」とは?

すべてのおしぼりの価値を変えていきます
VBコットンファーム VBケア VBケア 美潤 アロマアソート アロマボックス ヴァンジェーロ 凛 アラベスク冬 アラベスク春 消臭スプレー ディッシュクリーン

「VB(ブイビー)」とは?

抗ウイルス+抗菌+防臭+安全  
「VB」とは、抗ウイルス抗菌効果を備えた水溶液です。
ウイルスは細菌類より更に小さく、経口だけでなく、肌のレセプターから体内へ侵入し、細胞に寄生して増殖します。
「VB」は、ウイルスを不活化させレセプターからの侵入を防ぎ、おしぼり上のウイルスを99.9%抑制します。
また、おしぼり自体にウイルスを寄せ付けないブロック機能を備えています。

※VB®はVBジャパンテクノロジー株式会社の登録商標です。
※VBジャパンテクノロジー株式会社は藤波タオルサービスのグループ企業となっております。
ウイルスの侵入


現在、3つの特許を取得しています。
①おしぼり及びおしぼりの製造方法        特許第5314218号
②リネン製品の製造方法及びクリーニング方法   特許第5279973号
③水溶液                    特許第5314219号


抗ウイルス
・ウイルスの感染力をあらわす定量値の低減。
・おしぼり上のウイルスの活動を、従来より99.9%抑制。


抗菌
・未使用のおしぼから、食中毒菌をはじめとする雑菌増殖値に対して従来より90%以上を抑制。
・おしぼり使用後も、おしぼり上で雑菌が増殖するのを抑制します。


防臭
・雑菌による悪臭発生を防ぎます。


安全
・経口毒性・皮膚刺激性等がなく、手荒れに悩む方やお子様にも安心・安全。

ウイルス抑制のカギとなるMPM化合物

「VB」は東工大・慶大発ベンチャーと共同開発し、おしぼり上のウイルスを99.9%不活性化させる事に成功しました。
今まで抗生物質が効かず、手洗い位しか予防方法がなかったウイルス感染ですが、なぜ「VB」では感染予防できるようになったのでしょうか。
それは、ある金属酸化物クラスターの「ポリ酸」に着目したことにあります。
そのポリ酸の抗ウイルス機能を最大限活用出来るようになった物が「MPM化合物」です。

通常であれば、複数の金属クラスターを配合すると、化合物同士が反応してしまい、各化合物の活性効果が阻害されてしまいます。
しかし、このMPM化合物は、化合物同士の反応がないため、金属酸化クラスター化合物・抗生物質・抗菌剤の効果を発揮できるのです。
これを水溶液化したものが「VB」です。
水溶液としても非常に安定していて、5つの化合物が効果を発揮し、100℃程の高温でも安定しています。

もう一つの特徴として、人体に対して肌荒れ等を起こさない安全性の高い化合物であることが挙げられます。皮膚刺激性と経口毒性の観点から、生体にどのような影響があるのか実験したところ、刺激性はほぼ皆無であるという結果になりました。
VBケアロゴ
VBケアロゴ

ドバイ国際学会にて世界発表

4th International Conference on Drug Discovery and Therapy
(第4回創薬・治療国際学会)


世界各地から企業が集い、創薬や新しい治療法の開発、それらの成果について意見を交換する学会に参加し、世界的に有名な専門家やノーベル賞受賞者の前で、VB開発を発表しました。

ドバイ

実験結果

クリックで各項目にジャンプします。


抗ウイルス


抗菌


防臭


安全
抗ウイルス

抗ウイルス効果検証実験(インフルエンザウイルス)

RNAウイルスとは、核酸という遺伝子情報を持つウイルスの総称で、核酸と膜のみで構成されています。
自分で増殖する為の器官すら持っていないシンプルな構造の為、大変小さく、菌類の中でも最小の細菌より更に小さいサイズとなっています。
そのため、肌にあるレセプター(刺激や情報を感知するための器官)から侵入し、細胞へ吸着し増殖します。
RNAウイルスの中でも、我々に影響あるウイルスの一つに「インフルエンザウイルス」があります。


●RNAウイルス感染価の低減効果
ウイルス感染価の損残率


●抗ウイルス活性の結果
インフルエンザウイルス感染後の脳内ウイルス粒子の変動
~GFP -Nucleocapsid protein ~
抗ウイルス活性の結果


●リネンタオル(乾燥工程)抗インフルエンザウイルス不活性化試験
ホテルのシーツやレストランのテーブルクロス、病院等の施設で使用されるパジャマなどの繊維製品全般を回収し、洗濯して再び貸し出すことを「リネンサプライ」と言います。
それを洗濯する際に菌に汚染されているリネンが混じると、集団感染の原因となることもあります。
今回の実験では、通常タオルと同じ洗濯方法だったにも関わらず、VB加工タオルはウイルス感染価を大きく抑制できていました。


蛍光標識ウイルス検出法
検体:乾燥タオル
【通常の洗濯工程の場合】 100kg洗濯機
予洗い5分(リモネン300cc、メタ桂ソーダ1000cc)→脱水1分→本洗15分(粉末洗剤エポックBB1000cc、リモネン200cc、メタ桂ソーダ500cc、過酸化水素500cc)→脱水→すすぎ3分→脱水すすぎ3分→脱水→最終すすぎ5分(通常は消臭剤を300cc、ソフター300cc)→脱水→乾燥工場(平均約150度程度) 30分、冷却8分

検体
①ブランク(通常タオル)
②VB加工タオル
MPM化合物を最終すすぎに100cc(約5000倍投入)含有し、その後乾燥工程






抗菌

抗菌効果検証実験 (MRSA菌・セレウス菌・一般雑菌)


暖かくなると毎年流行し、問題視される食中毒。
その原因の中でも、菌の毒素による食中毒を毒素型と呼びます。
毒素型の代表的な原因菌である、MRSA球菌とセレウス菌の抑制実験を行いました。
また、保管期間の長い未使用のおしぼりから悪臭が発生する、悪臭の原因雑菌の抑制効果も検証しました。



●MRSAに対するVBの抑制効果

MRSAとは、黄色ブドウ球菌の仲間で薬剤耐性遺伝子を持っており、「メチル体制黄色ブドウ球菌」と呼ばれております。
その為、抗生物質が効きにくく、MRSAに感染すると様々な病気を起こしやすく、治療もなかなか進みません。
抗生物質が効かないMRSA菌でも、24時間後には劇的に生菌数が減っているのが分かります。
1時間ほどの即効性はなくても、おしぼりが生産され、店舗に届くころには、抗菌効果を発揮していると考えられます。

MRSAに対するVBの抑制効果




●セレウス菌に対するVBの抑制効果
平成25年6~8月、国立がん研究センター中央病院に入院した患者13名がセレウス菌に感染したと報告されました。
外部に洗濯を委託している未使用のタオルから、セレウス菌が検出されており、ここから感染した可能性が高いと判断されています。

また、セレウス菌は、熱やアルコールに強く選択しても容易に排除できず院内感染の原因となる菌です。
このセレウス菌は土壌細菌の一種として、土・水等の自然環境中に広く分布しており、野菜や穀物などによく付着をし、食中毒の原因菌としても知られております。
セレウス菌はいったん芽胞を成形すると、100℃・30分程度の加熱でも死滅しません。
セレウス菌に対するVBの抑制効果




●一般細菌に対するVBの抑制効果
カビの原因となる、一般細菌の繁殖抑制効果実験を行いました。
通常おしぼりが29日までに一般細菌数888.89倍に増えたのに対し、VBおしぼりは0.38倍と、もともとおしぼりにいた一般細菌よりも少なくなるという結果になりました。
カビとなる一般細菌に対するVBの抑制効果



防臭

●雑菌に対するVBの抑制効果


おしぼりを個包装から開放し37℃のインキュベーション状態で放置
おしぼりを開封後放置した場合の雑菌増殖に対するVBの抑制効果


●おしぼり開封後に放置した場合の雑菌増殖に対するVBの抑制効果
おしぼり開封後に放置した場合の雑菌増殖に対するVBの抑制効果




安全

安全性試験


●急性毒性:異常なし LD50>2g/kg (経口投与、マウス)
●亜急性毒性:マウス(10匹)へ本製品を1g/kg投与量で、90日間連続経口投与した際において、死亡マウスは皆無であった。また、外見上も特記事項はなかった。更に90日後の解剖において、各臓器においても対照群(水投与)との比較において特記事項はなかった。

●局所効果:マウスにおける皮膚刺激性試験において刺激性なし。
●眼刺激性試験:マウス、ラットにおける眼刺激性試験における特記すべき刺激性なし。マウス1匹に充血が確認されたが、経過観察により肉眼的には観察されなくなった、刺激性においては一過性であったと考察された。

実施機関:慶大・東工大発ベンチャー パイオニア・スピリッツ(有)

●ウサギを用いた皮膚一次性試験:無刺激 ●ウェットワイパー基準:クリア

実施機関:一般財団法人日本食品分析センター





導入事例

VB入りおしぼりは、布・紙を含めすでに多くの企業様でご利用いただいております。


VB入りのおしぼりを導入していただいている企業様を取材しました。
導入事例 ~おもてなしハンター~



VBおしぼりを活用した手指衛生

VBおしぼりを活用した手指衛生、手の拭き方

1.基本の手のひらを拭く。
手のしわ等にも汚れが残りやすいので、念入りに。

VBおしぼりを活用した手指衛生、手の拭き方

2.手の甲は少し強めに拭く。凹凸がある部分は汚れがの残りやすいので注意。

VBおしぼりを活用した手指衛生、手の拭き方

3.指、指先を拭く。親指の周りや指先は汚れが残りやすいのでしっかり拭く。

VBおしぼりを活用した手指衛生、手の拭き方

4.指の股(水かき)の部分も忘れずに。

VBおしぼりを活用した手指衛生、手の拭き方

5.指と爪の間は雑菌が溜まりやすいうえに、口に入りやすいので丁寧に拭きます。

VBおしぼりを活用した手指衛生、手の拭き方

6.最後におしぼりを長めに広げて手首回りを一周してしっかりと拭き上げる。

※1 指輪や時計をしている場合は1度外すか、ずらしながらまんべんなく拭いていただくと効果的です。おしぼりを使って、いつでもどこでも手指衛生を。
※2 おしぼりを広げたまま拭かずに、四つ折りにしてから拭き上げると、綺麗な面が増え、効率よく拭くことができます。

ご購入者の声!

・風邪対策に使用していますが、訪問介護の仕事をしているので、毎日おしぼりは必須です。
・予防を兼ねておしぼりで手を拭く習慣があります。
・おしぼりは出かけるときの必需品です。
・手を拭くおしぼりは必須です。持って歩けたらいいな~と思っています。
・風邪が流行る時期は外出先から帰宅した際には特におしぼりは必須です。
・手にはいっぱい菌がいるというので、手が洗えない場所ではおしぼりがあると安心します。
・子供もいるのでおしぼりは必須です。
・対策出来るおしぼりがあるならぜひ使ってみたいです。
・病原菌は手から感染するので必須です。
・必須!タブレットの様な石鹸も持ち歩いています。水がない時はおしぼりが助かりますね。
・おしぼりは必ず必要です。
・おしぼりで除菌しています。
・手洗いができない時はおしぼりで除菌しています。
・マスクやおしぼりは必須アイテムです。
・手を清潔に保ち菌の侵入を予防します。
(2011年12月イーシザイマーケット プレゼント企画によるアンケート集計から)