新しい貸しおしぼりのマネジメントを東京理科大と共同研究を開始

株式会社藤波タオルサービスは、平成27年4月より東京理科大学と、「おしぼり紛失管理」を低減させる為の取り組みとして、経営工学の統計的アプローチをベースとした共同研究をする産学連携を開始いたします。約1年間に渡る産学連携によって、貸しおしぼり産業におけるおしぼり紛失の低減と、時代に対応した新しいおしぼりのビジネスモデルの構築を目標とし、今後、両者で積極的な協力を図ってまいります。

産学連携開始プレスリリース[PDF/261KB]